東急東横線都立大学駅徒歩1分にあるお花屋とフラワー教室、ギフトフラワーのスタジオ花小箱です。

  • ショップ営業時間:10:00〜20:00 | 定休日:日曜日
  • スタジオは20:00最終受付 23:00までレッスン可能
  • tel:03-3725-878お問い合せ
講師紹介
講師紹介

辻 静佳 プロフィール

1949年 秋田県仙北市、花や緑あふれる自然に恵まれた環境に生まれる。
雪深い東北に訪れる春は山桜・凛とした山百合の清き香に目覚める夏の朝・夕暮れに郷愁誘う秋草のたおやかな姿・モノトーンの世界にも花ありて小枝の樹氷 幼き日より、四季の美しさに感動し、以来、尽きぬ花への興味を研鑽へと繋ぎ現在に至る。後に関わる花や緑、食、などの自然回帰志向はこの頃から五感の全てにインプットされていたものと思われる。

世界におけるフラワーデザインの第一人者、アメリカ、ビル・ヒクソン氏の
BILL HIXSONS SCHOOL卒業・ディプロマ取得。
ベルギー、ダニエル・オスト氏に師事。
ドイツ、グレゴール・レリッシュ氏に師事。
読売文化センター・緑会文化センター教室に於いて、フラワーアレンジメント、
アメリカンビスクアートの講師を20年務める。

1989年
川崎市に、アレンジメント教室・フラワーサロンを開設。
1995年
東京都目黒区にフラワーショップGreenBox花小箱をOPEN。
2001年
(有)スタジオ.花小箱を設立。数多くのアレンジメント講師を育成。
在籍する生徒さんが各種コンテストに多数連続入選、優秀な成績を修める。
2002年 12月
東京都目黒区福祉館に於いて、ブライダル&Xmasアレンジ展を開催。
2004年 5月
青山オースティに於いてブライダルショウ開催、デザインブーケの数々が観客を魅了する。
2006年 10月
第1回ダリア達の饗宴を開催。秋田国際ダリア園に於いて、初めての地方発のエキシビジョン。
国際ダリア展グランプリ受賞の鷲澤幸治氏とのコラボレーション。地方新聞に掲載紹介される。
2007年 6月
目黒区、ギャラリー・ハッコウしゃのオープニングセレモニーとしてミニ花展・花の小部屋を開催。
2007年 10月
第2回地方発花展 ダリア達の饗宴Ⅱロマンチックウェディングを開催。
2008年 5月
医療に依存せず、複雑な現代社会におけるストレスを、花や緑などの植物の持つ生命力と、香り・色・触感など から得られる良質な癒し効果で解消し、心身共に健康な生活を目指す花活動“ヒーリングフラワー”を商標登録申請。
2008年 6月
有限会社スタジオ花小箱を株式会社スタジオ花小箱に称号変更。
2008年 8月
日本橋Florever Galleryにてブリザーブドフラワー展示会 ヒーリングフラワー~プリザに癒されて~を開催。
2008年〜2011年 10月
秋田国際ダリア園に於いて地方発イベント ダリア達の饗宴を開催。
2012年 10月
秋田国際ダリア園に於いて地方発イベント ダリア達の饗宴Ⅶを開催。
25周年のブライダルブーケショーを開催。大変好評でした。
2013年 10月
秋田国際ダリア園に於いて地方発イベント ダリア達の饗宴Ⅷを開催。
2014年 10月
秋田国際ダリア園に於いて地方発イベント ダリア達の饗宴Ⅸを開催。
2015年 10月
秋田国際ダリア園に於いて地方発イベント ダリア達の饗宴Ⅹを開催。
スタジオ花小箱はダリア達の饗宴10周年を迎えました。

取得資格

  • フラワーアーティスト
  • 川崎市環境アドバイザー
  • 川崎市市民アカデミー評議委員
  • 川崎市国際交流日本語講師
  • 川崎市食育リーダー
  • 人形作家
  • アメリカンビスクアート講師
  • 和装アドバイザー・着付け講師
  • ビスクドール講師
  • グリーンアドバイザー
  • カットフラワーアドバイザー
  • ポプリ&ハーブ講談社KCS講師
  • アロマコーディネーター

ボランティア活動

1990年
川崎市ふれあい館に於いて在日外国人を対象に識字教育のボランティアを7年間、
主に韓国・北朝鮮・フィリピン・ベトナム出身の定住者に日常会話や生活習慣、日本文化などを理解する為の手助けをする。現代食料事情、特に危険な食品添加物などに対する危機感から、より安全な食環境を推進し多忙な日常でも最低限の必要な栄養と添加物の少ないより安全な食生活がための簡単レシピ・Oneday Seminarを開催する。化学調味料や加工食品で、価格を安くする為、また単純に量を増やす為など安易に添加物を使用することにも疑問を投げかけながらそれを止む無くせざるを得ない業界と消費者との折り合いをつけて安全な食生活をいかに維持するかをライフワークにしている。自ら多忙な日常でも簡単で手早く出来、尚且つ美味しい料理を日々研究し実践している。
2002年
川崎市市民アカデミー評議委員。事業所の社員教育セミナーを手がける。
2003年
男女共同参画事業の一端としてセミナーの市民講師を務める。
2004年
川崎食育セミナーで「美味しい簡単クッキング」開催。
2005年
食育セミナーで、「添加物や残留農薬を簡単に除去する方法」料理セミナー開催。
2007年
食育セミナーで、「親子で楽しいクッキングタイム」レシピ紹介。
2008年
東京商工会議所目黒支部若手経営者の会・五陵会の依頼に於いて、安全で手軽に出来る簡単レシピのタイトルの料理セミナーを開催。食育と自然環境保護のコラボレーションセミナー講師を務める。
2009年
食育セミナー、簡単・安全・美味しい早業クッキング開催。

東京商工会議所目黒支部若手経営者の会・五陵会の依頼に於いて、食べられる花を使っての見た目も美しくおいしい、エデュブルフラワー・クッキングセミナーを開催

日本人の食に対して、農薬や食品添加物などが人体に悪影響を及ぼす事に危機感を覚え、内閣府食品安全委員会会議に出席、農林水産省の農産物の国内外の生産状況や流通事情・加工食品の添加物質の種類・許容量などの情報・報告のもとに、川崎市環境アドバイザー・食育リーダーとして、より安全な食生活の為の活動を続けている。

現在の活動

現代社会に於ける様々なストレスから解放され、心地よく健康的に暮らせる環境とはいかにあるべきかを様々な視点から捉えている。

ライフワークにしているヒーリングフラワー(※)を含めた花育、ボランティアワークの食育の両方面から、人々が本来あるべき健全な生活をおくるための研究と活動、ワークショップ、セミナーを続けている。

ヒーリングフラワー
辻静佳が提唱するヒーリングフラワー(2008年商標登録済み)とは、
ストレスの多い現代社会にあって医療に過度な依存をせず、花や緑の、植物の持つ生命力と香り・色・触感など、人間の五感が植物から受ける良質な刺激と癒し効果において、心身ともに健康な生活を目指す花活動。